サイトメニュー

うつ病になってしまったら

悩む女性

費用やルールを知っておこう

うつ病になってしまった場合には、学生ならば学校に行くことができませんが、社会人になると会社に行くことができなくなってしまいます。長期で休むのならば、傷病手当金うつの手続きをしておいた方がよいかもしれません。傷病手当金うつの場合には、医者から診断書をもらう必要があります。つまり、自分で勝手にうつ病だと判断して会社に申請しても意味がないことがわかるでしょう。まずは病院に行け診断することが必要です。病院の診断ではどのようなことをするかといえば、まず事前にアンケートをとり今までの病気の履歴がないかを確認していきます。それ以外にも、家族の様子や仕事の様子などを確認し、次に血液検査や尿検査などを行っていくのが気になるでしょう。そして、病院によってはMRIやCTなどで細かなところをチェックしていきもとにうつ病になっているかどうかを判断します。うつ病になっているとすれば、そこで初めて傷病手当金をもらうための診断書を書いてもらうことが可能になります。この診断書を持っていき申請をすればたいていは審査に通ることになるでしょう。ただ、傷病手当金をもらうにしても、条件がないわけではありません。条件の一つとしては、会社の休みの日を除いて三日間連続で休むことが必要になります。たとえば、その人が毎週土曜日と日曜日が休みならば金曜日に会社を休みすぎの週の月曜日と火曜日まで休むことが必要です。三日間うつ病により休んでしまった場合には、傷病手当金をもらう条件が整ったといえるでしょう。それ以上長く休む場合も同様と言えます。

うつ病になってしまい、会社を長期的に休む場合は傷病手当金うつの申請をしておいた方がよいです。そもそも、お金がありあまるほど持っている人でなければ、長期的に休む場合生活ができなくなってしまうからです。しかも、一時的に怪我した場合と異なり、うつ病で休む場合はなかなか治るものではありませんので、長期的に休むことになることがほとんどです。そのため、傷病手当金うつの申請をする場合でも、それなりのお金がもらえると予想できます。ちなみにどれぐらいのお金がもらえるかといえば、これはその人の給料によって異なります。つまり、一律にいくらになるか決められているわけではなくその人はもらって給料によって変わってくるのが実情になります。目安としては、最低でも給料の2/3のお金はもらうことができると考えてよいです。この時気をつけておきたいのは、ボーナスは一切含まれないことです。いくらボーナスをたくさんもらったとしても、ボーナスは傷病手当金の金額に影響を与えないため、注意をしなければならないところです。ただ会社によっては全額出してくれるようなところもあります。保険組合から2/3のお金を出してもらい、をこれら1/3は会社の方で出してくれることがあるわけです。ただこの場合でも、原則的な2/3になるため会社が出してくれるお金も期間限定になることが多いです。傷病手当金に関しては、障害年金と異なり期間が定められています。申請してお金をもらい始めた時から1年半の間しかもらうことができないため、注意をしなければなりません。

Copyright© 2019 特徴と利用する目的を明確にしておくとよい All Rights Reserved.