サイトメニュー

健康保険の給付金です

女性

郵送で申請をすることが出来ます

うつ病の症状が重い時は、一時的に休職を勧められることが多いですが、仕事が出来なくなると経済面の不安を感じている人がほとんどです。経済的な負担を減らして、治療に専念したい場合は傷病手当金を受け取ることが出来ます。傷病手当金は4日以上就労が出来なかった時に、全国健康保険協会から給付金を受け取ることが出来ます。労災は給料の80パーセントぐらいが支給されますが、傷病手当金うつの場合は、お給料の67パーセントです。労災に比べると受け取るお金は少ないですが、申請をすると最短で一か月で支給を受けることが出来ます。手続きの方法を知りたい人が多いですが、自分で申請することが出来ます。全国健康保険協会の公式サイトを閲覧すると、申請書をダウンロードすることが出来ます。受給をするためには、4日以上就労が出来なかったり、休んでいた期間に給料の支払いがないことが条件です。精神科の医師に就労が不能であることを、証明するための書類を書いてもらう必要があります。うつ病に罹ると不安を感じている人がほとんどですが、会社からは傷病手当金うつを勧めてくれることは少ないので、自分で全国健康保険協会に電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。会社などの事業主には、4日以上就労できていない、賃金の支払いを受けていないことを証明してもらう必要があります。傷病手当金うつの申請書は、郵送で送ることが出来るので体調が優れない人も安心です。申請書には、お金を振り込んでもらうための、銀行や口座番号などを記入する必要があります。

うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ回復してくる病気です。意欲や気力の低下、憂鬱な気分が長く続く、自殺念慮などがある場合は、入院して治療に専念をする必要があります。病気が原因で働けなくなると、経済的な不安を感じている人がほとんどです。傷病手当金うつの申請をすることで、給料の67パーセントの給付金を受け取ることが出来ます。指定の銀行口座にお金を振り込んでくれますし、全国健康保険協会から、郵送でお金を振り込んだことを連絡してくれます。傷病手当金うつは、1年以上給付を受けることが出来るので、時間を掛けて治療に専念することが出来ます。医療保険に加入をしている人は、入院給付金を受け取ることが出来るので、経済的な負担を減らすことが出来ます。傷病手当金は会社に給付をしてもらうのではなく、健康保険から受け取れる給付金の制度です。うつ病などの精神疾患で就労が出来ない人は、国の制度を利用するのがお勧めです。うつ病は現代は増加傾向にある病気なので、誰でも罹る可能性があります。インターネットのWEB上などで、傷病手当金うつの申請書の書き方なども紹介されています。障害者年金の申請に比べると、手続きも簡単なので安心して下さい。十分に休養や休息を取ることで、仕事に復帰できる人も増えています。傷病手当金うつは、休んだ日数のお給料の支払いがないことが受給の条件です。休んでいる間に有給休暇を利用している場合は、傷病手当金が受け取れないので注意をして下さい。うつに罹ってしまったら、健康保険の制度を利用しましょう。

Copyright© 2019 特徴と利用する目的を明確にしておくとよい All Rights Reserved.